一般撮影はFCRを使ったデジタル撮影であり、画像情報システムを用いて鮮明な画像を瞬時に各診察室、病棟へ配信できます。CT装置はマルチヘリカルCTを使用し、必要に応じて三次元やMPR画像処置を行い診断の精度を高めており、すべてのCT画像は放射線科専門医によってチェックされます。


担当医


村上 優
(産業医科大学病院)

日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医


井手 智
(産業医科大学病院)

日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医


藤崎 瑛隆
(産業医科大学病院)

日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医


河野 裕一郎
(産業医科大学病院)

日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医


塚本 純
(産業医科大学病院)

日本医学放射線学会


> 外来診療担当表へ


シェアする